CDプレスとCDコピー

CDを大量に作成したい場合、プレスかコピーで悩むかもしれません。CDプレスとCDコピーの大きな違いは、データの記録方法が違います。CDコピーは何も中身が入っていないディスクにデータを書き込んでいきます。パソコンがあれば誰でも手軽にディスクを作成できます。ただ、CDプレーヤーによってデータ方式に対応しておらず再生できなかったり、長時間太陽光に当てるとデータが読めなくなってしまうこともあります。一般的にCD-Rの保存期間は20~30年といわれています。一方CDプレスはスタンパーと呼ばれるマスターディスクを作成し、データを物理的に刻んでいく方式をとります。このためCDプレーヤーによって再生できないことはありませんし、長期間保存しても、劣化して読み込めなくなることはありません。一般にCDプレスのほうがコピーより料金が高いとされています。それはスタンパー代が高価なためです。

個人でもCDプレスを依頼できます

最近は、個人で作曲をしてそれをCDにして販売している人がいます。そのため、インターネットを通して個人でも注文をしている人が増えています。インターネットで注文することで安くあげることができ、納期も早いというのがメリットに上げられます。もちろん、販売促進用などというように紙のパッケージにしてもらうこともありますが、しっかりとしたプラスチックのケースに入れてラベルなどを付けて納品してもらうこともできます。依頼をするときには、元のデータとなるものを送り、ラベルも作ってもらうのであれば、そのデザインも送ります。自分で一枚ずつ作るとなると時間もかかり手間もかかります。しかし、CDプレスを依頼することで短期間で大量に作成をすることができます。しかも、1000枚など大口発注をすると単価を抑えることができ、一枚当たり100円以下で作れる業者もあります。

CDプレスを依頼する

CDプレスを依頼するときにポイントになるのが、単価だけでなく品質も比較して選ぶ必要があります。例えば、販売促進用などは無料で配ることが多くそんなにあまり長期的に保存するものではないのですが、販売をするものに関してはある程度品質が良いものを選ぶ必要があります。そして、実際に依頼をするときには、事前に準備をしておくものがあります。まずは、原盤となるデーターです。インターネットで申し込むときには基本的にはメールでの問い合わせになります。そこで、金額やデータの送付方法などを打ち合わせていきます。そして、データを送り、そのデータを確認してもらって可能であれば作業に取り掛かります。それ以外にも、印刷原稿などがある場合には、見本などのやり取りをして進めていきます。作製費用としては、その依頼する会社や枚数によって異なりますが、ケース付き1000枚で約8万円が相場になっています。