CDプレスで大量に作成をする

オリジナルのCDを作るときには、CDプレスを依頼することで短期間で政策をすることができます。最近は、インターネットで依頼をしてやってもらうことができます。気になる料金は、ほとんどのサイトで公表していることが多く、目安にして依頼をすることができます。例えば、一から作る場合には、データを送ってスタンパー制作をしてもらうことから始まります。スタンパートは原版のことで、それをもとにどんどん作っていきます。個人で作る場合には一枚ずつ焼いていくのですが、プレスする方法では短時間に大量のCDを作成できます。しかも、数枚ならば割りだけですが、数百枚や数千枚では安く作ることができます。CDのみの制作では1000枚当たり安いところで15000円ほどで作ることができます。納期としては、最短一週間ほどでできます。もちろん、業者によっては料金が上下したり、ラベルやケーズなどのオプション料金で変わってきます。

CDプレスを依頼して納品されるまでの流れ

CDプレスは、大量に制作をしたいときに専門業者に依頼をしてやってもらう方法です。安くあげたりという場合には、インターネットで安いところを探して注文をすることになります。まずは、データを送ってスタンパーを作ってもらいます。どの業者に依頼をしても、このスタンパーという原盤が必要になります。スタンパーがあると後で追加注文するときに、また使えるので一回目と比べて安く制作をしてもらうことができます。その後、必要枚数分をプレスしていきます。それと同時に、レーベルプリントやパッケージングなども行っていきます。バルクといわれるディスクだけにすることもできますが、すべてや依頼してやってもらったほうが仕上がりもよく、そのままプレゼントや販売ができます。納期としては、制作枚数などによって違いますが、依頼から納品まで一か月ほどの期間が必要になります。

CDプレスの料金は種類によって異なります

CDプレスには、バルクと呼ばれるディスク作成だけを依頼する方法と、ラベル印刷やパッケージの種類によって料金が変わってきます。用途によっても異なりますが、販売促進用などの場合には、簡易パッケージにしてもらってコストを抑えることができます。例えば、紙のケースでは1000枚で53500円で作れるところがあります。これには、紙のケースとレーベル印刷も含めた料金になっています。そして、記念品や販売用に作るのであれば、しっかりとしたジュエルケースにしてCDジャケットも作ってもらうパッケージだと1000枚で57900円になります。基本的には、大量に作ることによって単価が下がっていくので、一度に作ることが安くあげることになります。そして、品質にこだわるならば、日本製にしておくことで安心して任せることができます。