ガーデンのフェンスを購入する時の選び方

ガーデンのフェンスを選ぶ場合に種類も多くてどれにしたら良いのか迷うことがあります。そういう際には室内ではなくて雨風の影響を受けやすいエクステリア製品であることを考えることが大切です。従って色あせや錆びることもなく対候性や耐久性に優れる製品ということになって来ます。特に海岸に近い地域の場合は金属製のものを使うと錆が来やすく見た目にも劣化の状況がすぐにわかります。木製のものもありますが、自然の木材は最初のうちは塗装もされていたりしてそれなりに見栄えも良いものです。しかし年月と共に変色したりささくれて来て、場合によってはシロアリに食われるという心配もありその上高価でもあります。樹脂製やアルミ製の製品は耐久性や対候性に優れ変色もしないもので人気があります。

見た目だけで選ぶのはリスクも伴います

ガーデンフェンスは色々な目的やその場の環境によってふさわしいものが選ばれます。その際には固定の仕方においても検討しておかないと何が起こるかわからないものです。高さや厚みのある素材の場合はそれだけ重量も増して来ますし、台風の影響もありますし人が触っただけで倒れるようでは安心できません。それに適した基礎部分を作っておくことが大切になって来ます。ブロック基礎を施工して穴の部分にポストを立ててモルタルで固定するとか、独立のポストを固定できるコンクリート基礎を一定の間隔で立ててそこへボルトで留めて行くといった方法もとられます。あるいはポストが最初からついたものがあれば施工も簡単になります。素人としてはやはり基本を知っておくためにメーカーの施工説明などを見て参考にすることも大切となります。

ガーデンフェンスを選ぶ際のポイントとしては

ガーデンフェンスを設置する場合は住宅と内装やエクステリアは一体としての印象を周囲に与えるものでもあり、色彩やデザイン面でもこれを配慮して統一感の感じられるようにすることが大切になります。住宅自体の価格に比較してもこれとバランスが取れていないと周囲から見ても自然に受け止められないこともありそうです。住宅自体がアンティークな感じのものである場合はそれにふさわしいものを選ぶと調和がとれるものですし、これは最初にコンセプトを設定していると望ましいものに仕上がる可能性も高くなると考えられます。また、道路側の人通りが多いと目隠しの役目を持たせることも必要であり、これに向いた形のものを選ぶこともあります。この場合は材質と高さ、そして隙間の間隔を適切に設定する必要も出て来ます。