ガーデンのフェンスを手作りするコツ

芝生の庭や好きな花を植えた花壇、お気に入りのガーデンファニチャーなど、自宅の庭をお気に入りの空間にしたいという人は多く、ガーデンのフェンスを設置する人が増えています。厚さが薄く、適度な隙間があるので、開放的で、軽い印象の庭を演出することができると同時に、目隠しをすることができるため人気があります。手作りしたいという人に人気があるのがラティスなどの木製で、ナチュラルな木の素材感が、庭を癒しの空間にしてくれたり、樹木や花と調和するところが人気の理由です。木製の柵なども人気があり、カントリー系の庭づくりができるため、かわいらしい印象の庭やカフェのようなおしゃれな雰囲気の庭づくりをしたいという人からの評判が良く、人気があります。木材は加工しやすいため、手作りにおすすめの素材です。

自分の好みの庭のイメージに合わせたデザインにするコツ

自宅の庭を居心地が良く、明るいデザインにしながら、人目が気にならないリラックスできる空間にしたい人がガーデンのフェンスを手作りする場合には、はじめに自分の好みの庭をイメージすることから始めるとちぐはぐな印象にならず、統一感がありおしゃれな庭作りをすることができます。ラティスなどの木製のフェンスは、大変人気があり、種類や大きさも豊富です。自作することもできますが、購入して自分で設置する場合や手を加えてオリジナルデザインにするとき、自作するときのいずれの場合でも、色や大きさ、設置場所などをトータルコーディネイトしてから購入したり、設置したりすることがおすすめです。専門店の人が行うように、完成図を自分で書いてみることも、イメージ通りの庭にするためのコツです。

手作りするときに気をつけたいポイント

自宅の庭を自分で手作りしたいという人はとても多く、ガーデンフェンスも手作りしている人が増えてきました。ホームセンターやインターネット通販などで、材料を購入して、自分で設置するのは、とても楽しい作業で、休みのたびに少しずつ作り上げることを楽しみにしている人に気を付けてほしいことが、設置するときの安全性です。ラティスや柵などを設置する場合には、専用の金具を使ったり、地中にしっかりと刺さる金具を取り付けたりして、風が吹いたり、雨が降ったりしても倒れたり、飛ばされたりしないように気をつけましょう。また、植木鉢やプランターをつるす場合には、雨が降って、土が水を含んで重くなることを想定して、安全性を確かめてからつるすことが大切です。たくさんのプランターなどをつるして風の通り道がふさがれると、風を受けて倒れやすくなることにも気を付けてください。