CDプレスの活用法とは

CDプレスは均一な品質で何か情報を大量に形にして生産したい時に魅力的なメディアです。量産が可能なメディアですから、作れば作るほどコストが安くなってお得になります。このCDプレスを一番メディアとして使いたいのが歌手や同人サークルでしょう。自分たちの曲や創作物を量産して配布するのにこんな便利なものはありません。最近では、企業でもCDプレスを取り扱って研究発表などするところも多くあります。紙だとかさばってしまう発表資料もこういったコンテンツを用いることによって効率が上がり、はるかにわかりやすく、正確に伝えることができます。また、こうして記録され保存されたデータには、劣化しにくく大量に保存できるという利点が含まれています。これからも、用途によって進化し続けることでしょう。これからどんな場所で生かされてくるのか楽しみです。

CDプレスとCDコピーの違いとは

CDコピーとは、ブランクディスク(空っぽのCD)にデータを書き込む事です。パソコンでCDを焼くのはコピーです。手軽に誰にでもできますが、長期間の保存に不向きで、プレイヤーによっては読み込めない事もあります。CD-Rの保存年数は20~30年程ですので、販売目的には向いていません。販売用のCDは、CDプレスによって製作されています。マスターディスクからスタンバーという原盤を作成し、データを物理的に刻みます。プレスで作られたCDは、プレイヤーに問題がない限り再生できない等の不具合は出ません。また、データ面に物理的な損傷等が加えられない限り、データが消える事もありません。およそ500枚以上大量に複製する場合は、コピーよりプレスの方がコストがかからないでしょう。それから、盤面印刷にも違いがあります。コピーの場合インクジェット方式での印刷となりますが、プレスの場合はオフセット印刷やシルク印刷です。インクジェットと違い、水や擦れに強く、経年劣化も小さいです。しかし、コピーと比べると納期が長くなる事が多いので、CDを自主制作する時にはコストや納期等を比べて判断すると良いでしょう。

ネットでCDプレスしてみたいなら

CDRに焼くのではなく、お店に売っているような本格的なCDを作りたいと思ったときのためにあるのがCDプレスです。インターネットが普及して、誰にでも憧れのCDを作れるようになりましたね。流れとしては、音源を作りマスターデータを用意します。それからパッケージ、盤面、ジャケット、帯等のデザインを決定していきます。デザインに関してもプレス会社であれこれ対応してくれるところがほとんどです。国内プレスや海外プレス、バーコードを付けるか、など細かく決めなくてはならないことはたくさんあります。激安の会社も魅力的ですが、小ロットから安く請け負ってくれる会社や、初めての場合は特に画像などのやり取りなどで親切丁寧な対応やアドバイスをしてくれる会社、信頼できる会社を見つけることなど、自分たちの優先事項をしっかりと持って選ぶことが大切です。